皮膚が硬くなってざらつく汚い肌になるので要注意!

・セルフケアの危険性は皮膚が硬くなる
セルフケアによる無駄毛処理を続けることで一つ注意があります。それは皮膚を硬くしてしまう危険性があるということです。
一時的な効果は見込めますが、肌への負担が強いセルフケアは女性にはあまりオススメできる方法ではありません。
自然に治っていく場合もありますが、年齢に応じて症状が回復しにくくなり、皮膚が硬くなってざらつきのある肌になるので注意しましょう。
また、無理な脱毛によって毛穴が広がったり、塞がったりを繰り返すことで埋没毛の症状を招きやすくなるのでより見た目の印象が悪化する可能性が強くなるので気をつけましょう。
こういった状態によって、色素沈着を起こす可能性が高まったり、毛膿炎を引き起こす恐れもあるので注意が必要です。

・セルフケアのトラブルを防ぐ為に絶対に大切なこと
絶対に大切なことはセルフケアの際に「保湿」をすることです。保湿をすれば全ての症状が抑えられるということではなく、負担を軽くする効果があるということです。
少なからずセルフケアは肌へ負担を与えてしまうものなので注意が必要です。

処理後は肌を冷やし、そして清潔に保つように心がけましょう。その後、たっぷり保湿をして肌を休ませるようにしてください。
毛抜きによるセルフケアは絶対に行わないようにしましょう。より肌への負担を強め、肌トラブルが起きやすいので危険です。
セルフケアを利用する場合はシェービング、除毛クリーム等で行うことをオススメします。